2017/06/18

6月の株主優待クロス取引(つなぎ売り・タダ取り)オススメ6銘柄+2

 

6月の株主優待クロス取引オススメ銘柄第二弾作成しました!

 

 

6月は、一年間で4番目に株主優待を設定している企業が多い月(SBI証券だと107社)で、わたしたち個人投資家にとってもお得な銘柄の株主優待の権利が取れるチャンスが多い月だと思います。

 

「どんな優待がもらえて、どれだけ手数料がかかるから、このタイミングでクロス取引しよう!」という判断基準にしやすいように記事を作成しました。

 

一番お得なタイミングで、株主優待の権利が取得できればいいですね☆

 

今回は、SBI証券で現物買いをしての一般信用売り(5日短期)を利用した場合の手数料合計を記載しました。

 

カブドットコム証券などの一般信用売り(長期)を利用すればさらに豊富な戦略が取れると思いますが、見づらくなってしまうので、記載はしませんでした。カブドットコム証券を利用した場合さらに多く手数料がかかるという視点でこのデータを利用していただきたいと思います。

 

3パターンのタイミングでの手数料の合計をそれぞれ記載していますので、用語をしっかりご理解いただいて有効に使ってください。

「タイミングによって、こんなに手数料に差が出るのか」と体感もしていただけると思います。

 

フライングクロス手数料合計

一番早いタイミングでSBI証券の一般信用売り(5日短期)を利用して、株主優待を取得する手法(フライングクロス)でクロス取引した場合にかかる手数料の合計のことである。

手数料は一番高いけど、一般信用売りの在庫を手に入れられる可能性は一番高い」

今回で言えば、6月20日権利確定日の銘柄なら「6月8日19時以降」、6月末権利確定日の銘柄なら6月20日19時以降

 

5日売り短期手数料合計

一般信用売りの決済を権利落ち日に現渡ですることにより手数料を抑え、かつ、早いタイミングでSBI証券の一般信用売り(5日短期)を利用して、株主優待を取得する手法でクロス取引した場合にかかる手数料合計のことである。

「手数料を抑えながら、一般信用売りの在庫も手に入れられる可能性が高い(人気の銘柄は、在庫なしになっていることがほとんど)」

今回で言えば、6月20日権利確定日の銘柄なら「6月9日19時以降」、6月末権利確定日の銘柄なら6月21日19時以降

 

直前手数料合計

権利付き最終日の取引が始まる直前(前日の取引終了後から)までにクロス取引をすることにより、最小の手数料で株主優待の権利を取得しようという手法をとった場合にかかる手数料合計のことである。

「手数料は一番少なくて済むが、一般信用売りの在庫が残っていればラッキーというくらいの可能性」

今回で言えば、6月20日権利確定日の銘柄なら「6月14日19時以降」、6月末権利確定日の銘柄なら6月26日19時以降

 

6月20日権利確定日

6月5日現在の株価で計算しています。

1 ジョイフル本田(3191)

もらえる優待 200株→4000円相当の自社商品券(100株→2000円相当の自社商品券)

フライングクロス手数料合計 2395円(1283円)

5日売り短期手数料合計 1401円(743円)

直前手数料合計 1076円(580円)

必要資金 3805円×200株=761,000円
(3805円×100株=380,500円)

 

2000株以上なら16,000円相当の自社商品券ですが、一般信用売りの在庫を2000株手に入れることは非常に難しいことから現実的な200株(100株)を紹介しています。

6月5日現在、カブドットコム証券の一般信用売り(長期)の在庫は、すでになく、SBI証券の在庫も残りわずか▲になっていますので、フライングクロス以外では、在庫は取れないでしょう。

 

2 ゲンキー(2772)

もらえる優待 6000円相当のサプリメントまたは6000円相当の化粧品もしくは3000円相当のカタログギフト

フライングクロス手数料合計 1224円

5日売り短期手数料合計 693円

直前手数料合計 564円

必要資金 3025円×100株=302,500円

 

6月5日現在、SBI証券の在庫は◎になっていますので、一番手数料がかからないタイミングを見計らってクロス取引をすべきですが、6月20日権利確定日の銘柄が4社しかないため、在庫確保の激戦が予想され、フライングクロスで権利を取るのが懸命かもしれません。

6月末権利確定日

1 日本マクドナルドホールディングス(2702)

もらえる優待 優待食事券

100株→1冊(3500円相当)

300株→3冊(10500円相当)

500株→5冊(17500円相当)

 

フライングクロス手数料合計

100株→1311円

300株→2972円

500株→4331円

 

5日売り短期手数料合計

768円

1822円

2725円

 

直前手数料合計

589円

1285円

1830円

 

必要資金

4190円×100株=419,000円
4190円×300株=1,257,000円
4190円×500株=2,095,000円

6月5日現在、SBI証券の在庫は▲になっていますので、フライングクロスで権利を取るのが懸命かもしれません。私は12月末のときはフライングクロスで500株取得しました。

 

2 すかいらーく(3197)

もらえる優待 優待食事券

100株→3000円相当

300株→9000円相当 

500株→15000円相当 

1000株→33000円相当

 

フライングクロス手数料合計

100株→839円 

300株→2224円 

500株→2489円 

1000株→4089円

 

5日売り短期手数料合計

467円 

1254円 

1481円 

2518円

 

直前手数料合計

391円 

1027円 

1102円 

1761円

 

必要資金

1772円×100株=177,200円
1772円×300株=531,600円
1772円×500株=886,000円
1772円×1000株=1,772,000円

6月5日現在、SBI証券の在庫は◎になっていますが、すかいらーくは今回の株主優待から優待食事券を約3倍にしました!他のどの銘柄にも優先してフライングクロスで権利を取るべきだと考えています。私は12月末のときでさえフライングクロスで500株取得しました。

優待食事券とクーポン券の併用について詳しく説明しています。

優待食事券とバーミヤンアプリクーポンを併用してお得に食事した記事です。

この記事から優待食事券が3倍になっています!

 

3 ロイヤルホールディングス(8179)

もらえる優待 優待食事券

100株→500円相当 

00株→5000円相当 

1000株→12000円相当

 

フライングクロス手数料合計

100株→1181円 

500株→2948円

1000株→4596円

 

5日売り短期手数料合計

656円 

1801円 

2953円

 

直前手数料合計

551円 

1278円 

1906円

 

必要資金

2450円×100株=245,000円
2450円×500株=1,225,000円
2450円×1000株=2,450,000円

 

6月5日現在、SBI証券の在庫は◎になっていますが、前回フライングクロスでも権利はとれませんでした。6月20日19時にパソコン(スマホ)の前で注文をすぐ入れることができる状態で待っていることが求められます。

 

4 物語コーポレーション(3097)

もらえる優待 優待食事券または米

100株→2500円相当または2.5kg 

300株→5000円相当または5kg 

00株→10000円相当または10kg 

900株→15000円相当または15kg

 

フライングクロス手数料合計

100株→2234円 

300株→3989円 

600株→5214円 

900株→6439円

5日売り短期手数料合計

1263円 

2432円 

3482円 

4532円

 

直前手数料合計

1030円 

1732円 

2082円 

2432円

 

必要資金

5460円×100株=546,000円
5460円×300株=1,638,000円
5460円×600株=3,276,000円
5460円×900株=4,914,000円

 

6月5日現在、SBI証券の在庫は◎になっていますが、こちらも前回フライングクロスで取ろうとしても取れなかった銘柄です。6月20日19時にパソコン(スマホ)の前で注文をすぐ入れることができる状態で待っていることが求められます。

 

5 ブロンコビリー(3091)

もらえる優待 優待食事券または米

100株→2000円相当 

00株→3000円相当または2kg 

00株→5000円相当または4kg 

1000株→8000円相当または5kg 

2000株→15000円相当または10kg

 

フライングクロス手数料合計

100株→1199円 

200株→2229円 

500株→3039円  

1000株→4777円 

2000株→6791円

 

5日売り短期手数料合計

672円 

1258円 

1879円 

3108円 

4834円

 

直前手数料合計

557円 

1028円 

1304円 

1957円 

2533円

 

必要資金

2692円×100株=269,200円
2692円×200株=538,400円
2692円×500株=1,346,000円
2692円×1000株=2,692,000円
2692円×2000株=5,384,000円

 

6月5日現在、SBI証券の在庫は◎になっていますが、こちらも前回フライングクロスで取ろうとしても取れなかった銘柄です。6月20日19時にパソコン(スマホ)の前で注文をすぐ入れることができる状態で待っていることが求められます。

 

6 アークランドサービスホールディングス(3085)

もらえる優待 食事券(550円)

00株→4枚(2200円相当) 

1000株→20枚(11000円相当)

 

フライングクロス手数料合計

100株→1274円 

1000株→5520円

 

5日売り短期手数料合計

735円 

3744円

 

直前手数料合計

578円 

2169円

 

必要資金

3685円×100株=368,500円
3685円×1000株=3,685,000円

6月5日現在、SBI証券の在庫は▲になっていますので、フライングクロスでないと権利は取れないでしょう。

 

もし、3000万円の口座残高があったら

この記事で紹介した6月末権利確定日の6銘柄を全て一番高額の優待を取得しようとすると20,300,000円!!の資金が必要で、さらに成行注文する関係でさらに口座残高は必要になりますが、

 

もし、3000万円の口座残高があって、全て株主優待が取得できた場合、どれくらい利益が上がるのか

 

考えてみようと思います。

 

6銘柄ともフライングクロスすると31766円の手数料が必要で、もらえる優待の合計は、

 

103,500円相当の優待食事券

 

です。

 

差し引き71,734円の利益がでます。

 

この金額を多いと思うか、少ないと思うかは人それぞれかとおもいますが、3000万円の口座残高があればほぼリスクなくこのだけの利益が6月だけで上げられます。

 

まとめ

株主優待クロス取引のすごいところがこのようなチャンスが毎月のようにある(優待が充実していない月もあります)ということです。

口座残高さえあれば、ほぼリスクなく確実に年間何十万円か利益が上げられるのが株主優待クロス取引いいところです。

しかし、株主優待が充実して「この銘柄欲しい」と自分が思っている銘柄ほど、他の方もその銘柄を欲しいと思っていますので、思い通りに優待は取得できないかもしれませんが、行動すれば必ず利益がでる銘柄の株主優待の権利を取得できることができます。

 

難しく考えずに、一歩ずつ行動をしっかりしていきましょう☆

株主優待クロス取引について詳しく知りたい方はこの記事をご覧ください。

 

思うような銘柄がゲットできない方はこちらも記事も興味深いですよ!

 

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Comment

  1. 吉智 より:

    こんばんは~!

    この記事感動しました!

    私が知りたい情報が全て網羅されていました。
    本当にすごいです〜
    参考になります。

    ありがとうございます(^^)

    • ikm3150 より:

      吉智さん、ご無沙汰してます!

      そういっていただけて嬉しいです( ´▽`)

      見てくださる方に、実践するときに役に立つように情報発信しようと心がけて書きました!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA