2017/08/13

11月の株主優待クロス取引(つなぎ売り・タダ取り)オススメ3銘柄

 

10月はちょっと魅力的なつなぎ売り銘柄が少ないかもしれません。

 

しかしちょっとの利益を馬鹿にしてはいけません。

 

少しずつの積み重ねが大きな利益につながります。

 

11月も株主優待つなぎ売りに挑んでいきます。

 

平成28年11月の権利付確定日は25日ですのでご注意ください。

 

私が狙っているオススメ銘柄をご紹介します。

1 壱番屋

言わずと知れた「ココイチ」ですね。

ココイチで使える優待券がもらえます。

資金が豊富にない方

100株で1,000円相当のチケットがもらえます。

 

平成28年10月18日現在の株価は3,740円で、制限値幅が4,440円なので

4,440×100=444,000円

の残高が必要です。

 

100株の株主優待つなぎ売りに必要な費用は、

594円(SBI証券で一般信用売りを利用)

です。

 

569円で1,000円分のチケットがもらえますので、車を保有していている方にはオススメです。

資金が豊富な方

2,000株で12,000円相当のチケットがもらえます。

 

4,440×2,000=8,880,000円

の残高が必要です。

 

株主優待つなぎ売りに必要なコストは

3,280円

です。

 

12,000円相当の優待券が3,280円で手に入れられますので是非取得したいものです

8,880,000円

残高が必要になりますので、現実的ではないかもしれません。

2 コスモス薬品

100株で5,000円分の買い物優待券か10㎏のお米がもらえます。

 

平成28年10月18日現在の株価は23,000円で、制限値幅が28,000円なので

28,000×100=2,800,000円

の残高が必要です。

 

100株の株主優待つなぎ売りに必要な費用は、

1,980円(SBI証券で一般信用売りを利用)

です。

 

1,980円でお米10㎏なら十分スーパーで買う半額程度になります。

3 マルカキカイ

1,000株で3,000円相当のグルメギフト券のがもらえます。

 

平成28年10月18日現在の株価は1,268円で、制限値幅が1,568円なので

1,568×1,000=1,568,000円

の残高が必要です。

 

1000株の株主優待つなぎ売りに必要な費用は、

1,717円(SBI証券で一般信用売りを利用)

です。

 

1,717円でカタログで選べるようですよ。

まとめ

11月も10月同様に株主優待を設定している企業が少ないので、おトク感は少なかったかもしれません。

 

資金があって、近所にココイチのある人はココイチ一択という感じですね。

 

制度信用取引に目を向ければ、もう少し広い選択肢も出てきますが、逆日歩のリスクをお忘れなく。

 

一年間にリスクなく何千円も増やせる金融商品はなかなかありませんので、

「おトクが少ないからやめておこう」

と思って行動しないのではなく、是非先月に引き続き株主優待つなぎ売りを実行して経験を積んで、毎月つなぎ売りするのを当たり前にしていきましょう!
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA