2018/07/22

画像で解説!一般信用売り在庫をチェックする方法(SBI証券)株主優待つなぎ売り(クロス取り・タダ取り)のキモ

 

株主優待つなぎ売りの仕組みがわかって実際にやってみようと思った時に必ず起こることがあります。

 

それは、株主優待つなぎ売りをしようと思ったのに

一般信用売りの在庫がすでにない

ということです。

 

今日は、SBI証券で一般信用売りをするときに在庫が一覧で確認できる方法をご紹介します。

 

この方法を知れば、いちいち銘柄ごとに在庫があるのかチェックしていく手間も減りますし、日々の在庫が変化していく様子もチェックできますので、適切なタイミングで株主優待つなぎ売りできる確率も高くできると思いますよ!

1 まずはSBI証券のトップページへ

トップページにいきましたら、赤い〇がついている部分に必要な情報を入力をして、ログインします。

2 国内株式にポイントを合わせ、信用をクリック

ログインしたら赤い□で囲んである「国内株式」にポイントを合わせると、様々な取引の種類が出てきますので、その中で赤い←で示しています「信用」をクリックしてください。

3 次の画面の中程まで下がって赤い←をクリック

次の画面になったら、右側に青い→で示しているくらい中程まで下げていくと、赤い□と←で示している「一般信用短期売りについてはこちら!」をクリックします。

4 ゴールはもうすぐ「一般信用売り銘柄一覧はこちら」をクリック 

次の画面になりましたら少しだけ下にいくと赤い〇で囲ってある「一般信用売り銘柄一覧はこちら」がありますので、クリックしてください。

5 画面左側の赤い□2箇所「短期銘柄」「優待権利確定月」をクリック

画面左側にある赤い□の2箇所をクリックします。今回は2月に株主優待が取得できる一般信用売り銘柄の在庫チェック方法で解説しています。

 

信用区分と書いてあるところの中の「短期銘柄」というところと、画面左下の「優待権利確定月」と書いてあるところの中の2月をクリックします。

 

2月以外で調べたい場合は、違う月をクリックすれば、自分の調べたい月の在庫の一覧を見ることができます。

6 ゴールです!ここまでくれば一目で在庫が確認できます。

赤い□で囲ってある「売建受注枠」という列が在庫の有無を示しています。

◎(余裕あり)、▲(残りわずか)、×(受付不可)

の3種類で在庫が示されています。

まとめ

×は、もう一般信用売りの在庫がないことを示しており、要するに限りなくリスクをなくした株主優待つなぎ売りができないことがわかります。

 

▲は、在庫がありますが、今のタイミングでつなぎ売りをしておかないと、もう次やろうと思った時に「はすでに在庫がなくなってできない」となってしまう可能性が高いことを示しています。

 

◎は、在庫に余裕がありますので、あと一日つなぎ売りをするのを待ってもいいかもしれませんね。一日タイミングを変えれば、貸株金利が節約できますのでさらにおトクにつなぎ売りできます。

しかし、◎といっても一気に在庫もなくなることもありえますので、こまめにチェックできない時は、早めにつなぎ売りしておくのがベターです。(利益の出るつなぎ売りができなかったことの方が損失)

 

 

この一覧を使って、日々の株主優待つなぎ売りを快適にできるようになっていただければ嬉しいです。

 

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

 

さっそくチェックしてみましょう!

 

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA