2018/12/30

1月のクロス取引は東京ドーム(9681)にパワーを集中!

 

12月のクロスも終了し、今度は1月に向けての行動ですね。


優待銘柄や在庫を確認すると正直

そんなに魅力的な銘柄はありません

ね。

しかし、現在、在庫がたっぷりで資金がある程度まとまってあれば満足できる利益が出せそうな銘柄があります。

それは、


東京ドーム(9681)


です。

東京ドームの優待について確認していきましょう。

東京ドーム(9861)

株価(2018年12月25日現在) 883円

500株2000株5000株10000株30000株
得10チケット10P20P20P30P30P
500円優待券6枚6枚12枚24枚30枚

長期保有は割愛します。

ヤフオクでは、

得10チケット10Pが2600円くらい

500円券6枚が2800円くらい

です。

ヤフオク合計

500株 5400円

2000株 8000円

5000株 10800円

10000株 18200円

でそれぞれ売却できそうです。

総コスト

貸株日数2日間

カブドットコム証券で現引きクロスで計算します。

500株 461円

2000株 2320円

5000株 3099円

10000株(空売り規制に注意) 4039円

楽天から移管するなど、現物を無料で確保できればさらに1100円くらいはコストを削減できます。(2000株以上の場合)

1日あたりの貸株料

500株 19円

2000株 77円

5000株 192円

10000株 383円

早くクロスすればするほど、この貸株料が1日あたりプラスでかかります。

コメント

500株が一番資金効率が良いですが、1月は他の銘柄が今のところ乏しい状況ですから、資金効率度外視で多い株数だクロスしようかなと思ってます。

金額が多くなると1日あたりの貸株料がコストに占める割合が大きくなりますから、日々の在庫チェックも欠かさずやっていきたいですね。

500株の貸株料が36円であることから早めに500株かクロスしておいて、安心した心理状況でギリギリまでタイミングを引きつけて大きい単位でクロスするのも現実的には良いかもしれません。

狙いすぎて取れないリスクもクロス取引にはかなりありますからね。

参考になさってください!

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Comment

  1. pino より:

    こんにちは。いつもとても参考になる記事をありがとうございます!

    東京ドームをカブドットコム証券でクロスを検討しておりました。
    1日あたりの貸し株料の金額が違っているように思いました。いかがでしょうか?

    • ikm3150 より:

      pinoさん、コメントありがとうございます。

      ご指摘のとおり、貸株料が間違ってました。

      すぐ修正しました!

      間違いを教えていただけるのは本当にありがたいです。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA