株主優待クロス取引(つなぎ売り・タダ取り)を中心に情報をお届けしています!

SBI証券で株主優待クロス取引をするなら手数料はスタンダードかアクティブプランか、どっちがお得?

とら
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
とら
ようやく「とら」から人間になりました(笑)ちょっとふざけていますがお許しを。 株主優待クロス取引の情報を中心に、ふるさと納税・楽天経済圏・IPO投資・クレジットカード・ポイントサイトなどお金の知識を付けて実践していき、資産を仕組みを作っていくブログです。2020年4月からメンバーさんと一緒に運営するようになり、サイトが加速度的に充実してきています。新人ライターさんも1ヶ月もするとかなり上手になるのでライティングも教えるのも得意です!興味があればお問い合わせください。株主優待クロス取引に飽きた人はライターにチャレンジすると今まで見えていなかった稼ぎ方が見えてきますので、勇気を持ってお問い合わせください。サイト運営での収益化についても徐々に情報発信していきます。
スポンサードリンク

このブログでは、株主優待クロス取引をSBI証券の「スタンダードプラン」で行った場合の手数料を記載しています。

 

昨日、「スタンダードかアクティブかどっちがクロス取引するのにお得ですか?」とお問い合わせをいただいたので、この際記事にしたいと思います。

 

結論を先にいうと、私は「スタンダードプラン」の方がいいのではないかと思います。

 

株主優待クロス取引は、私のやっている限りそんなに何銘柄も確保できるものでもないと思うからです。

「自分の資金で最大限の利益が出る銘柄を事前に探して、その銘柄を取りに行く」イメージです。

 

何銘柄も取りにいっている間に人気の銘柄の在庫はなくなってしまいます。

だから細かい取引を何回もすることがないのではないかなぁと思います。

 

強いて言えば、権利付き最終日にまだ買付余力が残っていて、かつ、あまり利益は出ないけど一般信用売りの在庫が何銘柄か余っているタイミングで「アクティブプラン」にしておけば、少しは手数料が安くなるかもしれません。

しかし、アクティブプランは申し込んだ翌日からの適用なので計画的にやらないといけません(土日に申し込んだら火曜日)。

 

こんなややこしい思いをするなら、スタンダードプランでいいのではないかと思います。

 

 

スタンダードプランとは、1注文につき手数料がかかるプランです。

アクティブプランとは、1日の約定代金に対して手数料がかかるプランです。

 

それぞれの手数料を見ていきましょう。

※すべて税込の手数料です。

スタンダードプラン(現物)

10万円まで→150円

20万円まで→199円

50万円まで→293円

100万円まで→525円

150万円まで→628円

3000万円まで→994円

3000万円超→1050円

 

スタンダードプラン(信用)

20万円まで→154円

50万円まで→206円

50万円超→388円

 

 

アクティブプラン(現物)

10万円まで→103円

20万円まで→206円

30万円まで→308円

50万円まで→463円

100万円まで→822円

以上100万円ごと→+432円

 

アクティブプラン(信用)

10万円まで→103円

50万円まで→258円

100万円まで→515円

以上100万円ごと→+432円

 

ほとんどの方には関係ないと思いますが、5000万円以上の信用取引になると信用取引は全て手数料無料だそうです。

 

そのくらいの資金で運用したいものです…

 

 

新しい情報ですが、9月4日からアクティブプランの10万円以下の取引は手数料無料になるそうです。

 

小さな取引を一つだけするような場合はいいサービスですね。

 

 

さて、ここまではSBI証券のホームページにも書いてある情報です。

今回は、株主優待クロス取引をするにおいてどちらの料金プランの方がいいのかというのがテーマです。

 

株主優待クロス取引の特徴

取引するタイミング(日にち)が限られている

と言えます。

 

具合的には

1 フライングクロス(強制決済→現物売りで処理)

2 フライングクロスの翌日(現渡で処理できる)

3 権利付最終日にクロス約定(手数料最小)

4 それ以外の間でたまたまクロスできた時

 

の4パターンですね。

 

 

優待の良い銘柄を本気で狙いに行くと、フライングクロスにどうしてもなります。

私は資金の大部分をフライングクロスのタイミングで使います。

そして権利落ち日に現物売りと信用売りの反対売買を強制決済されます。

 

ちょっと例を挙げてみましょう。

100万円の資金で運用した場合

スタンダードプランで20万円までの注文が5回でフライングクロスしたとき

現物買い199×5=995円

信用売り154×5=770円

合計1765円×2=3530円

 

スタンダードプランで100万円の銘柄を1銘柄フライングクロス

現物買い 525円

信用売り 388円

合計 913円×2=1826円

 

アクティブプランで100万円分のフライングクロス

現物 822円

信用 515円

合計 1337円×2=2674円

 

これを見ていただくとわかると思いますが、私が100万円の投資資金だったら100万円の銘柄を1つフライングクロスします。

 

20万円を5銘柄クロスすることは、ほぼないと思います。

 

だから私はスタンダードプランです。

 

まとめ

いかかでしょうか?どっちがいいとは一概には言えませんが株主優待クロス取引を実践している者として

 

スタンダードプラン

 

が現実的だと思います。

 

アクティブプランは、少額のデイトレード用というイメージですので私には縁のない投資法です。

 

悩んでいる方は、この記事を参考にしてみてください☆

 

 

 



ーーーーーーーーーーーー
こんにちは!「とら」です。

お前誰だよ?って声が聞こえてきたので、

少し自己紹介しますね^^


私はみなさんと同じように本業をしながら

ネットビジネスをやっていて、

月100記事以上ほぼ自動で記事作成できるようになって

本業卒業間際

の男です。

とらのプロフィールページ

 全然センスもかけらもなかったし、

ビビって行動できないような人間でしたが


なんとか仕事をやめられるくらいの

仕組みを作ることができました。


正直な話、正しい方法さえわかっちゃえば

誰でもできると思います。


もちろん、仕組みができるまでは

たくさんの作業と時間は必要で

そこはめちゃくちゃ頑張らないといけません。

(1クリックで楽に稼げるは「サギ」です笑)


 今までは株主優待クロス取引の情報を中心に

お届けしてきましたが、今後は優待クロスなどを活かして


本業を卒業できる方法をこれからは

情報発信していきます^^


【LINE友達募集を始めました】
友だち追加

 LINE登録をしてくれた方には、プレゼントとして改善と成長資産の仕組み作りからでも使っている

超便利な株主優待クロス取引手数料計算表

を差し上げます^^


今までは他のサイトに行って、イチイチ入力していたのを自分一人ですぐ解決できるようになりますよ!

LINEではブログでは流せないような濃い情報も提供していくので、迷わず登録だけしておいてくださいね^^
この記事を書いている人 - WRITER -
とら
ようやく「とら」から人間になりました(笑)ちょっとふざけていますがお許しを。 株主優待クロス取引の情報を中心に、ふるさと納税・楽天経済圏・IPO投資・クレジットカード・ポイントサイトなどお金の知識を付けて実践していき、資産を仕組みを作っていくブログです。2020年4月からメンバーさんと一緒に運営するようになり、サイトが加速度的に充実してきています。新人ライターさんも1ヶ月もするとかなり上手になるのでライティングも教えるのも得意です!興味があればお問い合わせください。株主優待クロス取引に飽きた人はライターにチャレンジすると今まで見えていなかった稼ぎ方が見えてきますので、勇気を持ってお問い合わせください。サイト運営での収益化についても徐々に情報発信していきます。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 改善と成長〜資産の仕組み作りから〜 , 2017 All Rights Reserved.