株主優待クロス取引(つなぎ売り・タダ取り)を中心に情報をお届けしています!

すかいらーくの在庫0について考えてみた

とら
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
とら
ようやく「とら」から人間になりました(笑)ちょっとふざけていますがお許しを。 株主優待クロス取引の情報を中心に、ふるさと納税・楽天経済圏・IPO投資・クレジットカード・ポイントサイトなどお金の知識を付けて実践していき、資産を仕組みを作っていくブログです。2020年4月からメンバーさんと一緒に運営するようになり、サイトが加速度的に充実してきています。新人ライターさんも1ヶ月もするとかなり上手になるのでライティングも教えるのも得意です!興味があればお問い合わせください。株主優待クロス取引に飽きた人はライターにチャレンジすると今まで見えていなかった稼ぎ方が見えてきますので、勇気を持ってお問い合わせください。サイト運営での収益化についても徐々に情報発信していきます。
スポンサードリンク

ブログ読者様から「6月のすかいらーくをクロスした」との情報から、すかいらーくの在庫を確認してみるともうすでにカブドットコム証券の一般信用売り在庫は「0」じゃありませんか!?

 

ちょっとその理由について考えてみました。

この記事の目次

すかいらーく

株価 1570円

株数 1000株

貸株日数 365日として計算

貸株料 23550円(365日間)

信用手数料 1015円

現物 1623円

楽天からの移管だと0円

優待69000円分(1年間)

ヤフオク相場 額面の8割以上55200円程度

考察

これらの情報から150万円程度の資金があれば、1000株を一年間クロスし続けても3〜4万円程度利益が出せることがわかります。

利回りとした2%以上でしょうか。

 

よっぽど銀行に預けておくより高利回りですね。

クロスしてコストを支払っているから、株価下落しても全く損をしないですし(株価上昇による利益も捨ててますが)ね。

 

何よりクロスしっぱなしだと作業する時間や情報収集する時間や手間もありません。

もちろん株主優待の内容が変更されることもありますが。

 

こういった投資家の方も一定数いるのかなとも思いました。



ーーーーーーーーーーーー
こんにちは!「とら」です。

お前誰だよ?って声が聞こえてきたので、

少し自己紹介しますね^^


私はみなさんと同じように本業をしながら

ネットビジネスをやっていて、

月100記事以上ほぼ自動で記事作成できるようになって

本業卒業間際

の男です。

とらのプロフィールページ

 全然センスもかけらもなかったし、

ビビって行動できないような人間でしたが


なんとか仕事をやめられるくらいの

仕組みを作ることができました。


正直な話、正しい方法さえわかっちゃえば

誰でもできると思います。


もちろん、仕組みができるまでは

たくさんの作業と時間は必要で

そこはめちゃくちゃ頑張らないといけません。

(1クリックで楽に稼げるは「サギ」です笑)


 今までは株主優待クロス取引の情報を中心に

お届けしてきましたが、今後は優待クロスなどを活かして


本業を卒業できる方法をこれからは

情報発信していきます^^


【LINE友達募集を始めました】
友だち追加

 LINE登録をしてくれた方には、プレゼントとして改善と成長資産の仕組み作りからでも使っている

超便利な株主優待クロス取引手数料計算表

を差し上げます^^


今までは他のサイトに行って、イチイチ入力していたのを自分一人ですぐ解決できるようになりますよ!

LINEではブログでは流せないような濃い情報も提供していくので、迷わず登録だけしておいてくださいね^^
この記事を書いている人 - WRITER -
とら
ようやく「とら」から人間になりました(笑)ちょっとふざけていますがお許しを。 株主優待クロス取引の情報を中心に、ふるさと納税・楽天経済圏・IPO投資・クレジットカード・ポイントサイトなどお金の知識を付けて実践していき、資産を仕組みを作っていくブログです。2020年4月からメンバーさんと一緒に運営するようになり、サイトが加速度的に充実してきています。新人ライターさんも1ヶ月もするとかなり上手になるのでライティングも教えるのも得意です!興味があればお問い合わせください。株主優待クロス取引に飽きた人はライターにチャレンジすると今まで見えていなかった稼ぎ方が見えてきますので、勇気を持ってお問い合わせください。サイト運営での収益化についても徐々に情報発信していきます。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 改善と成長〜資産の仕組み作りから〜 , 2018 All Rights Reserved.