プリズナートレーニングをやり始めて1週間で感じたこと

 

本日、体重を計測すると

69.7Kg

でした。


私が60Kg台になったのは

20年以上前

が最後でしたから、自分の中で大きな壁を突破しました!

これもプリズナートレーニングを始めたこともちょっとした要因かなと思います。



ジムトレーンングを毎日15分やって身体を作ってきました。


この後、プリズナートレーニングに出会います。

プリズナートレーニングを始めて1週間

プリズナートレーニングは、

ビッグ6

といって、6種類に全身のトレーニングを分けています。

その1種類につき、

難易度が低いものから高いものまで10ランク

のトレーニングがあります。


最初はどの種類のトレーニングも一番難易度が低い

レベル1

のトレーニングから始めることを推奨していたので、

素直に

そのままレベル1から始めました。

はっきりいって、ずっとトレーニングを続けている私からしたら

こんなんじゃトレーニングにならないよ

と思うような負荷が低いように感じた内容のトレーニングばかりでした。

しかし、実際にやってみると

案外後半キツくなってきて、トレーニング後はちゃんと筋肉痛になりました。

また、トレーニングの中でも割とあっさりできる種目もあれば、レベル1なのにかなりキツく感じる種目もありました。


私は今までジムトレーニングを継続してきて、見た目のカラダはかなり良くなり、扱う重量も高くなっていっていました。

しかし、実際に自分の体重を利用したトレーニングをしてみると

全然自分のカラダを自分の思い通りに扱えていない

と感じました。


でも私は、このネガティブな感情を

継続すれば、自分のカラダを思い通りに動かせるようになる

と捉えることができました。

筋トレも仕事も勉強も全て一緒です。

現状を変えたくないから、「やりたくない」と感じるんです。

現状に戻るためにネガティブな感情に自分がなったんだとすぐ気づくことができました。

ネガティブな感情に気づいたら、その行動をやれば自分は変わるんです。


すでに、このプリズナートレーニングを継続する決意ができました。

自分の退路を断つために、ジムも今月で退会します。


24時間営業のジムのおかげで、

毎日運動する習慣がある人間になることができました。

その習慣性を利用して、新たなステップに進みます。

プリズナートレーニングは自重トレーニングなので、

体重を落とそう

といった発想になります。

腕立ても、腹筋も、懸垂も、逆立ちも、スクワットも、ブリッジも、

全て体重が軽い方が有利だからですね。

これは、プリズナートレーニングをする前には見えていなかったところですね。

ジムトレーニングの時は、自分の体重という意識より前回のトレーニングよりも負荷をかけることばかり重視していたので、自分の体重の変化はオマケみたいなものでした。

これが60kg台突入の要因をなったと思います。

プリズナートレーニングは、器具や場所をほとんど選ばないので、コストがかかりませんよね。


これで効果を出せるようになれば、みなさんにも自信をもってオススメできると思いますので、まずは数ヶ月成果をお待ちくださいね。

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA