株主優待クロス取引(つなぎ売り・タダ取り)を中心に情報をお届けしています!

心のなかの幸福のバケツ

とら
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
とら
妻や子供の心理的ショックを機にビジネスオーナーを本格的に志しました。 妻や子供のためにたくさんの時間を使いたかったのでサラリーマンをやめたいと思ったからです。 サラリーマンにはたくさんの拘束時間が必要。 その拘束時間を妻や家族のために使いたい。 そんな出来事と考えが私を動かしました。 株主優待クロス取引の情報を中心に、ふるさと納税・楽天経済圏などお金の知識を付けて実践していき、資産を仕組みを作っていくブログです。 複数サイト運営し、収益化できるようになったノウハウについてはメルマガで情報発信しています。 2020年4月からメンバーさんと一緒にサイト運営するようになり、8月末に月収7桁以上になりました。 私が今伝えたいのは、「夢が叶うまで行動を続けたら、大人からでも叶う」「一人で頑張るより、みんなでやった方が効率良いし、めっちゃ楽しい!」ってこと。

皆さん、こんにちは。とらです。

 

今日は

「心のなかの幸福のバケツ」っていう本があるんですけど

 

すごくいい本なので紹介したいと思います。

 

この「心のなかの幸福のバケツ」は、

ポジティブ心理学を研究されていた方が

書いた本なんです。

 

「バケツと柄杓(ひしゃく)理論」とは…?

その本の中で「バケツと柄杓(ひしゃく)理論」っていうのがありまして、

「みんな、人それぞれ心の中にはバケツがありますよ」

と言う話なんです。

 

そのバケツの中には水が入ってるんですけど

 

水の量が何なのか?っていうと

・バケツが水で満たされていると幸福感を感じる

・バケツの水が全然ないと不幸に感じる

というような話なんです。

 

そして、そのバケツだけじゃなくて

ひしゃくも持っているんです。

自分の中のバケツに水を足そうと思ったら

相手のバケツに水を入れてあげると

自分の中のバケツに水が入ってきますよ

っていうふうに書かれてるんです。

 

逆に

相手のバケツから水を取って

自分のバケツの方を満たすと

相手のバケツから取った分の水がなくなっちゃう

という話なんですよ。

 

これが具体的にどういう話かって言うと、

相手のバケツにひしゃくで水を入れてあげるってことは、

 

相手に対して

ポジティブな言葉とか、プレゼントだとか

ポジティブな言葉だから好意をしてあげることなんですね。

 

そうすると、

相手のバケツに自分がひしゃくで水をあげてますので、

相手のバケツの水が増えるわけですよね。

 

そういうことによって

自分のバケツまで満たされるという話なんです。

 

逆に

「相手のバケツからひしゃくで水を取って、自分のバケツに埋めようとする」

 

これはどういうことかっていうと

相手に非難やマイナスのプレゼントをあげるということですね。

相手を指摘したりだとか

ひどい言葉をいったりですとか

なんたらハラスメントとか

相手をマイナスな気持ちにさせることですよね。

 

学びのある研究結果

これをすると

相手のバケツからひしゃくで水をくみ取ることなんですけど、

 

そうやったら自分のバケツにくんだ分だけ水が入ってくるかと思ったら

真逆な結果が生まれますよという研究結果なんです。

 

このバケツでくんだ水が入るどころか

自分のバケツからも相手から奪った水だけ減ってしまう

 

という研究結果があるそうです。

 

これもうメチャメチャ学びがありますよね。

私が他の記事でも話してますけど、

まさにこれと同じことがいろんな本に書いてあるんですよね。

 

「多読のすすめ」って本がありますが、

同じことしか書いてないです、同じことしか言ってないですよってありますけど、

 

本当に自分から先にプレゼントするってのが何よりも大切ってことですね。

 

返報性の原理というものです。

 

自分にいいことが起きて欲しかったら

「自分から先に相手にプレゼントをあげなきゃいけない」

っていうまさにそれと全く一致します。

 

そういうお話です。

 

やっぱり

相手の嫌な所を見るんじゃなくて

いいところを見て褒めてあげる

っていうのは一番ですね。

 

悪いとこなんて自分だってありますから。

悪いところを見てるんじゃなくて

自分にもいいところがあるように人にはいい所がいっぱいあります。

 

良いところを見てあげて、認めて褒めてあげる

 

そういうのが大事だという話ですね。

 

5対1の法則とは…?

この本の中にはもう一ついい話があるので紹介します。

 

「5対1の法則」みたいなのがあるんですけど

これは何かというと

結婚生活の中で幸せに行く比率だそうですよ。

 

何が5対1かというと

・ポジティブな言葉をかける回数が5

・ネガティブな言葉をかける回数が1

というのが

一番幸せな比率だという風に言われているそうです。

 

例えば、

1回「ご飯まずい」とか言ったら

5回「いつも作ってくれてありがとう」

だとかいう

感謝を5回言わないとダメだっていう話です。

結婚生活における、あるデータに注目!

もしも1回

「ご飯まだぁ~」とか言うふうにマイナスなパワーをあげたら、

1回しか「おいしいよ」しか言わないと、そういうのは1対1の比率になる…。

そして、9割以上のほとんどの夫婦は別れるというデータが出ているらしいです。

 

もしくは

「褒める回数の方がネガティブな言葉の回数より少なかったらほぼ離婚する!」

っていうデータが出ているらしいです。

 

だからやっぱり夫婦関係も

めっちゃ褒めないとダメなんですね。

 

それでこの研究の面白いことは

この5対1というのがベストな比率だそうです。

 

13回以上褒めて1回ネガティブなことを言うような関係だと

楽観的過ぎて逆にうまくいかない

というデータもあるので適度な5対1という量を

ベストな比率だって言われてます。

 

これも
夫婦関係だけじゃなくて、普段の人間関係にも大いに使える

っていうことですよね。

部下や同僚などの仕事関係でも使える

友達関係に対しても使える

て事なんで

これを応用して自分の人間環境を自分で良くする方法がある

ということです。

 

まとめ

今回は、「心のなかの幸福のバケツ」という本の中から

お話しました。

 

大切なことは、

自分がまず褒めるっていうところだと思います。

 

「褒め上手な人になって自分自身幸せになりましょう」

という話です。

 

非常にいい本なんで読んでみてください。

とらでした。



ーーーーーーーーーーーー
こんにちは!「とら」です。

お前誰だよ?って声が聞こえてきたので、

少し自己紹介しますね^^


私はみなさんと同じように本業をしながら

ネットビジネスをやっていて、

月100記事以上ほぼ自動で記事作成できるようになって

本業卒業間際

の男です。

とらのプロフィールページ

 全然センスもかけらもなかったし、

ビビって行動できないような人間でしたが


なんとか仕事をやめられるくらいの

仕組みを作ることができました。


正直な話、正しい方法さえわかっちゃえば

誰でもできると思います。


もちろん、仕組みができるまでは

たくさんの作業と時間は必要で

そこはめちゃくちゃ頑張らないといけません。

(1クリックで楽に稼げるは「サギ」です笑)


 今までは株主優待クロス取引の情報を中心に

お届けしてきましたが、今後は優待クロスなどを活かして


本業を卒業できる方法をこれからは

情報発信していきます^^

【メルマガ始めました】
8月7日からメルマガを始めました。

登録してくれた人には4つ無料プレゼントを用意しています。

中でも私の約150万円の自己投資の結晶である

サイトアフィリエイトの正しいやり方をまとめた6時間にも及ぶ動画集は 無料でプレゼントしてもいいか迷うレベルのものです。

登録するのは無料ですのでここから登録しておいてくださいね^^


【LINEもやってます】
友だち追加

 LINE登録をしてくれた方には、プレゼントとして改善と成長資産の仕組み作りからでも使っている

超便利な株主優待クロス取引手数料計算表

を差し上げます^^


【優待クロスコミュニティ】
ライターやまだの優待クロスコミュニティの募集ページは こちら
ーーーーーーーーーーーー



この記事を書いている人 - WRITER -
とら
妻や子供の心理的ショックを機にビジネスオーナーを本格的に志しました。 妻や子供のためにたくさんの時間を使いたかったのでサラリーマンをやめたいと思ったからです。 サラリーマンにはたくさんの拘束時間が必要。 その拘束時間を妻や家族のために使いたい。 そんな出来事と考えが私を動かしました。 株主優待クロス取引の情報を中心に、ふるさと納税・楽天経済圏などお金の知識を付けて実践していき、資産を仕組みを作っていくブログです。 複数サイト運営し、収益化できるようになったノウハウについてはメルマガで情報発信しています。 2020年4月からメンバーさんと一緒にサイト運営するようになり、8月末に月収7桁以上になりました。 私が今伝えたいのは、「夢が叶うまで行動を続けたら、大人からでも叶う」「一人で頑張るより、みんなでやった方が効率良いし、めっちゃ楽しい!」ってこと。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 改善と成長〜資産の仕組み作りから〜 , 2020 All Rights Reserved.