今までのクロスが水の泡になるかも?基準日が変更される可能性

 

スポンサードリンク

気になるニュースが出ていました。

2020年3月期末の配当その他の権利落ちについて

↑日本取引所グループのページのリンクです。

 

仮に3月期決算の上場会社が今期事業年度終了後3か月以内に定時株主総会を開催できないこととなり、配当金その他の権利の基準日を事業年度末日から変更することとなった場合、3月30日以降変更後の権利付最終日において当該銘柄を保有していない場合は、配当その他の権利が付与されないこととなります

上記のリンクより引用

 

私なりに要約すると、

コロナウイルスの影響で権利基準日が3月30日から変更になる可能性がありますよ。変更になった場合は3月30日以降に設定された基準日に銘柄を保有していないと配当や優待はもらえませんよ。

という注意喚起がなされています。

 

もし基準日が変更された場合

現在クロスしている銘柄をこのままクロスし続ける

または、

一旦、現渡などの処理をして、設定された基準日にクロスし直す

 

等の影響が出てきそうです。

 

こんなケースは経験したことありませんので、詳しくはわかりませんが、今後の情報に気をつけていかないといけませんね。

 

今のところ私はいつものようにクロスをしておきますが、どうなることやらといった感じです。

 

注意喚起なのでいつもどおりになってくれれば、ただの心配で済むのですが。

 

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Comment

  1. ゴミ株評論家 より:

    いつも、ありがとうございます。

    先日、「コロナ相場対応テクニック!?一度クロスした銘柄を現渡してもう一度クロスする??」で
    述べていた方法(反対売買で利益確定=新規一般信用売り)を、実践してみました。

    信用決済  サンリオ      100 37,474
    信用決済 マクニカ富士エレ 100 34,671
    信用決済 リゾートトラ 100 80,074
    信用決済 フジシール 100 60,116

    合計で、20万円ほど浮かせことができました。

    しかし、実際には、全額が生き返ったわけではなく、特定口座源泉徴収で約20%は、拘束されています。
    帳尻あわせをした後に、特定口座還付金となりますが、手元に帰るのは、来年」の1月です。

    この方法は、やりすぎると地味に活動資金が拘束されるので、計画的にしたほうが良いかと思います。

    • ikm3150 より:

      ゴミ株評論家さん、せっかくご報告いただいたのにお返事しておらず申し訳ありません。

      すでにキサロさん回答していただいた解釈でよろしいんじゃないでしょう?1年間資金が拘束されるのだったら簡単には使えない手法になりますね。

      コロナが収束するのを願うばかりです。

  2. キサロ より:

    >管理人さま
    ご無沙汰しております。いつも拝見はさせていただいてるのですが。
    コメントは久方ぶりとなりました。
    オフ会も結局参加のタイミングが合わず、残念に思ってます。

    基準日変更に関しては、本当にいままでにないイレギュラーな出来事ですよね。
    貴重な体験といえば貴重な体験になるのでしょうが・・・
    もし変更になれば大損害ですね・・・
    2月忙しくてクロスが出来なかった分3月頑張ったので多分6万~7万ぐらいのコストがかかってるだけにちょっと心配です。
    「お花見」に参加している人達の「楽観的な雰囲気」をみていると
    爆発的に感染者が増える要素が残ってるかな
    (イコール株主総会が実施不可になるイコール基準日変更)
    を連想させるだけに・・・

    >ゴミ株評論家さま 
     >特定口座源泉徴収で約20%は、拘束されています。
     > 帳尻あわせをした後に、特定口座還付金となりますが、手元に帰るのは、来年」の1月です。

     最大1年近くの20%の拘束金が発生するのは「配当金」と「配当調整金」2つの税法上の区分が違う「損・益」が発生したときに起こります。
    そしてその解消が「損益通算」される来年年初となるわけです。

     優待クロスの良いところは「損益がでない」ことです
    よって20%の徴収(拘束金)は発生しません

     ところが、今回それ(20%拘束)が発生したのは「利益の出てる売り建を確定させ、新規に建てた」ため
    一時的に利益がでてしまったことにより起こってます。
    よって権利落ち日に「現渡」でもすれば、その利益は解消されますので(同じ税区分のなかで同額の損失が確定されるため)
    その時点で、その翌営業日になれば拘束金は解除されます。(証券会社により処理時期はことなります)

    本当は「現渡」と「再度クロス」(管理人さまが当初書いたのはこれでは?)でやれば
    「一時的な利益」さえでなかったので一時的な拘束金も発生しなかったんですけどね・・

    とりあえず、次年年初までは拘束されませんので安心してください。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA