2月27日の株主優待クロス取引〜2月のクロス内容を振り返る

 

スポンサードリンク

本日は、権利落ち日ですね。

現渡などの処理を忘れないようにしましょう。

 

併せて、早めにクロスした3月銘柄まで現渡してしまわないようにご注意ください。

私は勢い余って現渡しそうになりました(^^;;

 

2月末が終わって早速ですが、本日から3月15日権利確定日銘柄が一般信用売り短期でクロス可能です。

と言っても

カワチ薬品(2664)

のみですね。

 

カワチ薬品

優待

優待券

100株 1冊(5000円相当)

500株 2冊(10000円相当)

1000株 3冊(15000円相当)

株価

2026円(2月26日終値)

ヤフオク

1冊2500円程度

 

2月のクロス結果は下記のとおりです。

日興証券

西松屋

ニトリ

吉野家

4℃

ドトール

イオンディライト

ハイデイ日高

ビックカメラ

楽天証券

アークス

イオンモール

中本パックス

わらべや日洋

アダストリア

auカブコム証券

イオン北海道

大庄

GMOクリック証券

トランザクション

マネックス証券

クリエイトレストランツ

 

以上17銘柄でした。

積極的に動かなかったので、この程度ですね。

 

とらのコメント

全体的に早くクロスしているのにもかかわらず、レア銘柄も取れているわけでもなく、満足いく感じではないですね。

 

株主優待クロス取引に対する準備不足、行動不足といった感じでしょうか。

株主優待クロスには、

・銘柄研究

・リスト化

・資金管理

など準備がないと効率的にできません。

 

また、

17時に日興証券

19時に楽天証券

といった感じで争奪戦に毎日参加するなど実際の行動をするとリターンは大きくなりますね。

 

逆にこういった準備や行動を取らないとリターンは少なくなってしまう。

今回の私は、完全にリターンが大きくなる人の行動はとっていませんでした。

 

しかし、手間をかけないと時間は生み出せるので他のことに時間を使えるといったメリットもありますね。

私としては、時間を生み出そうと手間を少なくしたのですが、全体的な運用としても低調な感じでした。改善点がありますね。

 

時間を作ったからといって自分がその時間をしっかり使えるかどうかは全く別問題なことには注意が必要です。

自分って生き物は、なかなか自分の思い通りには動いてくれないものですよね。

 

株主優待クロス以外にも運用や副業などをしている人にとってはどんなスタンスで株主優待クロスに取り組むべきかも考えなくてはいけませんね。

 

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA