4月の株主優待クロス戦略まとめ記事

 

権利付最終日→23日

権利落ち日→24日

貸株日数→12日間

逆日歩日数→11日間

注文できる日

カブドットコム証券(短期)4月11日から(フライングは10日)

楽天証券4月11日から(フライングはできない)

SBI・GMOクリック証券(短期)4月3日(フライングは2日)

戦略

GWの10連休があるので、4月末の貸株日数は記事最上部のように大変なことになっています。

したがって、SMBC日興証券やカブドットコム証券(長期)を使うのが得策でしょう。

この表を作成した3月26日とちょっと在庫の状況がすでに変わってきていますので、色分けはあまり参考にならないかもしれませんがお許しください。


手数料をまだほとんど入れていないうちにこの利益率ですので、早めにクロスしすぎるのも考えものです。


しかし、銘柄数が少ないのでどんどん早めにクロスする人も多いのではないでしょうか。

貸株日数についてはこちらの記事を参考にしてください。

現在の状況(3月28日)

カブドットコム証券(長期)とSMBC日興証券、大和証券はすでにスタートしています。

特に日興証券の在庫の変化には毎日気をつけましょう。(カブドットコム証券の長期はほとんどないため)

楽天証券が4月11日からと後発ですので、どう戦略を練るかですね。

楽天証券の在庫数はおそらくそんなに多くはないでしょうから過度の期待はしてはいけないでしょう。

3.9%前後の貸株料の証券会社で30日間くらい借りて満足できる利益が出る銘柄なんてほとんどないですよね。

ある程度で満足するか、取れなくても仕方がないくらいの心構えで自分の心を整えて置きたいですね。

イラついたり、焦ったりしていると思わぬミスを生みますので。


クロスではないですが、4月後半に3銘柄IPOがありますので、そちらを丁寧にブックビルディングするような戦略も良いと思います。

また、直近の4月だけにとらわれずに5月、6月のロングクロスについて検討するのも良いとこの記事を書きながら思いました。

ですから、早めに私もまとめの記事を書きますね^ ^

優待が豊富な月の後は、失意の月になってしまいますが、ないものはないですので前向きに取り組んでいきたいですね!

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA