時間管理術〜優先順位よりも大切なこと〜

 

日々、「時間がない、時間がない」と過ごしていませんか?

私も、そうでしたがあることを実践することにより時間を生み出せるようになりました。

1 まず優先順位を決めるよりもまずやること

 それは、

やらないことを決めること

です。

これが優先順位を決めて行動する前にまずやらなくてはならないことです。

いかに勤務時間を充実させていかないといけない

よくある時間管理術では、やることリストを作って、それに優先順位をつけてやりましょうとなっています。

これは大いに正しいですし、必要な行動です。

私もこれを実践していましたが、それでもやりたいことをやる時間を見つけられないでいました。

そんな中で私の生活を劇的に変えた知識がこの、

やらないことを決める

ということです。

具体的には、毎日の時間の行動を一週間分細かく記録していきます。

朝、何時に起きて、朝ごはんは何時から何分まで、何時に出勤して、その出勤途中には何をやって、合間にはスマホをいじって…と細かく記録していきます。

それを一週間分記録して、その合計をします。

そうすると、一週間は168時間でそのうち36時間は睡眠時間で、会社に拘束されている時間が50時間…と自分の行動を客観的に数字として把握できるようになります。

そのピックアップされてきた行動をよく観察します。

そうすると、

「俺ってこんなことにこれだけ時間を使ってるんだ」

と感じることができ、

一週間を4倍すれば、大体一ヶ月ですし、それを12倍すれば大体一年分になります。

そう考えると、今やっている一週間を繰り返すと長いスパンでどれだけ時間を費やすかも一目でわかります。

そして、その中から

本当の目標達成のために必要のない行動を選び出します。

そして、その行動をやらないと決める

のです。

すると何時間か必ず時間を生み出すことができます。

そしてその生み出した時間を将来の本当の自分の目標達成のための時間に充てるのです。

2 目標を達成するために必要な考え方

目標達成するためには

目標達成するための行動

その行動をする時間をできるだけたくさん作る

ことの2点を実践しないといつまでたっても願望のままで、実現することはないことを忘れてはいけません。

例えば、将来起業したいとして、会社にものすごい時間を拘束され、さらに会社を出た後も会社のことをやっていたり、会社で必要なスキルの勉強に時間を費やしていたりします。

その中から会社の拘束時間は変えられないので、会社を出た後、会社に関することは一切やらない・考えないと決めます。

そのやらないと決めた時間を目標達成のための時間にするのです。

会社を出た後に、会社のことを一切やらない・考えないということはけっこう勇気がいる行動です。

今まで当たり前のように会社を出た後も会社に関することをやっていたので、勤務中は準備万端・円滑にいくことが多くなりますが、その事前準備をしない訳ですから

いかに勤務時間を充実させていかないといけない

ということに気づくことができるでしょう。

周りと同じことをやっていれば、周りと同じようにできますが、それより高い目標を実現させたいと思っているのなら、周りと明らかに違う行動をとっていく必要があります。

まとめ

 みなさんが毎日忙しいことは重々承知です。

毎日、ひどく疲れ、ストレスをたくさん抱えているだろうこともあるでしょう。

その生活があなたにとって、真にやりたいことであるならばそれを継続してください。

しかし、本当は違う目標があるならば、違う行動をしなければならないことから目を逸らしてはなりません。

さあ、早速やらないことを決め、本当の自分の理想の生活のため、行動を始めましょう!

にほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へ
にほんブログ村

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA