IPOと通常の株取引とを一緒にしてはいけない

 

JR九州、本日の3社の抽選結果が出ました。

みずほ証券から補欠当選をいただいて、いちよし証券と大和証券は落選でした。

今日は当選したモルガン・スタンレー証券の購入申し込み、補欠の4つの証券会社の申し込みと後期抽選型の岩井コスモ証券とカブドットコム証券の購入申し込みをしました。

需要申告をした後、購入申し込みをして初めて抽選が受けられる証券会社もありますから注意が必要です。

残り3社からなんとか一つでも当選することと、一つでも補欠が繰り上げ当選になることを期待したいです。

今日はなかなかIPO投資を始める勇気がない人やIPO投資をやっているけど株取引トータルで損失が出ている方に向けたメッセージを送りたいと思います。

IPO投資と通常の株取引は全くの別物

IPOは株の取引です。

株の取引は9割以上の投資家が勝てていないと言われています。

だから初心者の私は勝てない。

と考えがちですが、そんなことはありません。

IPOは資産になる仕組みです。

続けていればプラスになると過去が証明しています。

IPO投資は通常の株の取引のように、いつ買って・いつ売って、どのくらいの株数を買って・銘柄は何にするか等を自分で考えてやる必要はないのです。

センスだとか知識だとか関係ありません。

新規上場があったら抽選を申し込んで、当選したら購入の申し込みをして、初値で売るだけです。

当選するまで継続できるかどうか、いや、IPO投資を始めると決断して、まず一つ証券会社の口座開設をするかどうかです。

最初の一歩を踏み出しましょう。
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA