6月9日19時00分00秒からの1分間ストーリー~やっぱり権利がとれないくらいなら、手数料をたくさん払ったほうがいい!!

 

時は、6月9日19時0分55秒。

 

やっぱり権利がとれないくらいなら、手数料をたくさん払ったほうがいい!!

 

と自宅に向かう電車の中で思わず叫んでしまいました…(もちろん心の中で)

 

 

 

6月9日19時00分00秒から更新ボタンを何度も押していました。

 

「まだか」

 

「まだか」

「始まった!」

 

 

そのとき、おそらく19時0分20~30秒くらい。

私のiphoneの時計はまだ「19:00」を示していました。

参考

SBI証券の一般信用売りの在庫は19時受付開始なのですが、

19時00分00秒

受付開始ではないんです。

私の感覚だと19時0分20~30秒くらいに受付開始される印象です。(正確に測っている余裕がありません…)

 

 

 

 

「よし!まだ一般信用売りの在庫は残っているぞ(´∀`*)」

画面には、

「一般/日計り売建受注枠:◎(余裕あり)」

の記載がありました。

 

 

「200株」

「成行」

「一般(5日)」

とスムーズにタップしていき、

 

 

 

「あとは、取引パスワードを入力して、注文発注ボタン押すだけ!!!」

と取引パスワードを入力するテキストボックスをタップしたはずでした…

 

 

 

なぜか突然ポップアップウインドウが開きました (°д°)

 

 

 

「こちらの注意事項」のリンク押してもうた (;´Д`)

 

 

 

すぐさまジョイフル本田の取引画面のウインドウをタップして、再度取引パスワードのテキストボックスをタップして取引パスワードを入力します。

 

「できた!」

 

注文発注ボタンを勢いよくタップ!!!!

 

 

 

 

ん?

 

 

 

 

ガーン!!!!!

 

 

 

 

真っ白な灰に…

 

 

 

 

 

 

 

 

タップミスにより、一瞬にしてジョイフル本田の一般信用売りの在庫はなくなってしまいました…

 

今回の教訓!

1 19時00分は戦場!

操作ミスは命取り。

 

1秒の大切さを認識させられました。

 

電車の中でiphoneなどと余裕かましてないで、電波のよいところでパソコンでスタンバイしておくべき!

 

2 1秒の大切さというギャンブルにするよりフライングクロスで権利をとっておくべき!

今回一番大事なところです。

 

なるべくもっとも少ない手数料で株主優待を権利を取得しようと欲張った結果が、何にも取れないという最悪の結果に…

 

 

(1)何も取れないリスクを受け入れて、利益を最大化させることを重要視する

 

のと

 

(2)手数料は余計に掛かってしまうかもしれないが、権利を取ることを重要視する

 

のではどちらが、長い目でみたら利益があげられるのか?

 

 

私の結論

 

(2)

 

です。

 

 

具体的に言えば、

 

フライングクロスで利益が出るならフライングクロスで権利をとってしまう

 

ということです。

 

 

その結果、後から

「フライングクロスで権利を取らなくても、この銘柄は権利が取得できたなぁ…」

 

と少しガッカリした方が断然マシなんじゃないか!!

 

というのが、この記事での私の主張です!

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA