一撃約40万円!!これがIPO投資の威力!アセンテック

 

 

この記事でもご紹介しました「アセンテック」の上場日が4月25日でした。

すでに売却済みで結果が出ました。

 

2000円で公募のところ、初値は…

 

5950円

 

でした!

 

100株当選でしたので、20万円で買って、59万5000円で売却できたことになります。

差し引き、

39万5000円の利益が出ました。

 

初日に値がつかず、翌日の26日初値がようやくつきました。

私のIPO投資のルールは

 

必ず初値で売却すること

 

ですので、一切迷わず、売却できました。

 

現在までの結果は、26日の終値が6950円。

昨日27日の高値が7500円、終値が6500円となっていますので、初値売りは正解とは言えなかったかもしれません。

 

しかし、私はIPO投資を長期的なスパン考えていますので、ルールを単純にすることによって

 

ずっと継続すること

 

に重きを置いています。

 

必ず初値で売却するというルールがないと、IPOの当選をいただくために

いつ売ろう?このまま保有しようかなぁ…

などと考えないといけません

 

「頭と尻尾はくれてやれ!」

 

という投資の格言にもあるように、一番高いタイミング(利益が出るタイミング)で売ることは本当に難しく、それを狙うとズルズル決断することができなくて、損失が膨らんでしまうことにもなります。

 

このような経験は非常にストレスになり、IPO投資の継続に悪影響があると考えています。

 

シンプルな投資ルールこそIPO投資のポイントとも言えます。

 

自分のルールを決める上で重要なこと

理論上はこうすればもっといいのに…

ということが投資をやっていると多々あります。

 

しかし、現実をよく把握する必要があります。

 

自分のライフスタイルでできる投資法にすること

 

これがとても重要です。

 

日中仕事を持っている人は、基本的には日中取引できない訳ですから、株式市場が開いていない時間帯に注文を入れる方法でも利益が出せる投資ルールを作らなければいけないのです。

 

ですから、私の初値で売るこの投資法は、働いている時間に一切何にもしなくてもいいやり方になっています。

これも継続できるコツです。

 

自分の今の生活でできるのか?

を考えて投資ルールを作るようにしましょう。

 

まとめ

機械的に抽選を申し込んで、当選したら初値で売るという単純な投資を繰り返しているだけで約40万円の利益を出すことができました。

 

IPO投資にかかる時間は平均すると一日5分もないと思います。

 

こんないい投資法はなかなかないと思います。

ただ当選できるまで継続できる精神力があればいいだけです。

 

まだIPO投資を始めていない方は、それだけで機会損失しているともいえます。

まず証券会社の口座を作らないことにはIPO投資は始まっていきません。

 

一番初めに作るべき口座はSBI証券です。

今回の当選もSBI証券からです。

こちらの記事を参考にしてまずは口座開設をしていただければと思います。

 

 

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA